プリツカー賞

MagHaus 石﨑です

3月も後半になり、気候も穏やかに過ごしやすくなってきましたね。

この時期は卒業式のシーズンでもあり、昨日は娘が通っている保育園でも卒園式がありました。

娘はまだ年少さんなのでもう少し先の事ですが、今年の2月に転園しているので、来月の入園式には出席する予定です。

前の保育園ではタイミングが合わず入園式には出席できなかったので、娘にとっては記念すべき始めての入学(園)式
なので、特に楽しみにしています

さて話は変わって、昨日TV等でも報道されていましたが、日本の建築家 坂 茂(ばん しげる)氏が、建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞されました。

日本人としては7人目の受賞だそうです。

僕が坂さんの事を知ったのは建築雑誌で、フランスのポンピドゥー・センター・メスの記事を見たのが最初だったと思います。

リンク先を見て頂ければどういった建築(外観)なのかは分かりますが、どういった過程でこの建築をイメージして、実際に設計・施工できるのか、僕には到底想像もできません。

ひと目見ただけで、ただ変わった形の建物ではない、と感じさせる美しさがあると思います。

この建築の記事を見てから、坂さんの活動や建築を雑誌などで見る機会が多くなりました。

女川町3階建コンテナ仮設住宅やクライストチャーチ大聖堂(仮設)、タメディア新本社など。

坂さんは「紙管」を使った建築で有名ですが、木造建築にも力を入れておられます。

上にあげたタメディア新本社(スイス)は木造でなんと7階建て!

建築の知識がある方にはかなりインパクトがあったと思います。

と、少し坂さんについて書かせて頂きましたが、坂さんのこれまでの活動や建築は、ここではもちろん書ききれません。

詳しく知りたい方はググって頂ければと思います

やはり日本の建築家が世界で評価されると、とても誇らしくあると同時に、自分ももっといろんな事にチャレンジして知識と経験を積み上げ、それを活かしていかなければと思います。

もちろんお会いしたことはありませんが、坂茂さんプリツカー賞受賞おめでとうございます!(石崎)

自然素材の木の家 富山の注文住宅
”いつまでも愛着を持てる家づくり MagHaus(マグハウス)”
大空間 大開口 自然素材 素材感 無垢材 デザイン ガーデニング ウッドデッキ 長期優良住宅 富山

モデルハウス着々進行中!

どーも MagHausムロサワです。
みなさん風邪流行ってますよ~
私はまんまと流行にのかってしまいました
鼻水が止まりません。
ひょっとして花粉症かな?とも思ってるのですが、
インフルエンザもまた流行ってきているらしいので
皆さん気をつけてくださいね。

さて、先日より経堂メガヒルズ地内にて工事を進めております
『マグハウスモデルハウス』ですが、順調に完成に近づいております。

DSC01402 (640x480)
大工さん、造作収納を製作してもらってます

DSC01399 (640x480)

ダイニングキッチンのイメージが段々と見えてきました。
完成まであと一息。
全貌は後日ご紹介させていただきます。

お楽しみに

富山の自然素材住宅
いつまでも愛着の持ち続けられる家づくり 『MagHaus』

2014年3月11日。

MagHaus 石﨑です

今日は気持ち良い晴れ空ですが、昨日の朝は外を見て驚きました。

昨晩には無かったはずの雪が、辺り一面銀世界に逆戻り

ニュースで今季最強レベルの寒気到来とは聞いていたものの、もう3月だしそんなに降らないだろうとあまり気に留めておらず、しかも10cm以上積もっていたのでかなりの衝撃でした

4月まではスタッドレスタイヤにしておきます

さて、今日は2014年3月11日。

東日本大震災から3年が経ちました。

TVやラジオ、ネットでも節目である今日は被災地の現状や復興状況、様々なドキュメントが並んでいます。

富山県は実質的な被災はしていませんが、あの日の事は鮮明に覚えています。

2011年3月11日の15時前、社内で仕事をしていると地震が起き、いつも以上の揺れを感じヤフーの地震情報を見ると、福島県内で震度7の表示がありました。

その時は最大の震度である7の表示にピンとこなくて、リアルタイムに現地の様子を見れるわけも無く、漠然と誤表示かなと思ったのを覚えています。

その後は携帯が繋がらなくなり、TVで流れる津波警報や津波の映像、福島第一原発の惨状に日本全体がパニックになりました。

あれから3年、被災地では大震災の風化を感じるという意見が半数以上を占めるという情報もあり、全国的に被災地への意識は薄れつつあると思います。

僕も例外なくその一人で、やはり年月と共に日々の生活や、次々と発生する様々な事件やニュースが意識の中に入り込んで、被災地への関心が薄れているのを感じます。

先日TVの震災を扱った内容の番組で、「東北が被災地なのではなくて、日本という国全体が被災地なのだという意識を持たなければならない」とおっしゃった方がいました。

大震災当日から数日は間違いなく日本全体がなんらかの影響があり、被災(地)という考え方もあったと思いますが、現状でどうしたらその意識を保てるのか。

なかなか答えは出ないと思いますし、復興や福島原発の汚染水問題、放射能の問題等課題は山積していますが、まずはこうして大震災を思い起こす事が第一歩かなと思います。(石崎)

自然素材の木の家 富山の注文住宅
”いつまでも愛着を持てる家づくり MagHaus(マグハウス)”
大空間 大開口 自然素材 素材感 無垢材 デザイン ガーデニング ウッドデッキ 長期優良住宅 富山

パッシブセミナーへ行ってきました

どーも ”MagHaus” ムロサワです。
さて、3月に入りました。春です
さわやかです
現場廻りをしていても、すごく気持ちいい

ただ、今年のボードはこれで終了かな・・・

さて、先日YKKAP主催のパッシブハウス講演会があり参加してきました。
DSC01297 (640x480)
会場はカナルパークホテルです。たくさんの方がきておられて席はギュウギュウづめでした

今回講演されたのは『パッシブハウス・ジャパン』 理事の松尾和也様でした。

パッシブハウスについての講演を聞くたびに、
世界から見て日本の住宅に関する省エネ基準の低さに驚かされるのですが
このような講演を聞かなければそのことにすら気づいていなかったと思います。

先日、国会中継がNHKで入っていましたがそちらの国会質疑?でも
日本の住宅における省エネ基準の低さについて取り上げられていたのを
拝見しました。
DSC01299 (640x480)

DSC01302 (640x480)
真剣な表情で勉強中の石﨑君です。

国全体での動きも必要ですが、私たち住宅建設に携わる者も
常に勉強していかに見た目だけではない『快適な住まい空間』を提案できるかが
重要になってくるのではないかと思いました。

いつまでも愛着の持ち続けられる家づくり 『MagHaus』

マグハウスのスタッフ紹介
_DSC1829.jpg  
[氏名] 田村 拡則
[出身] 富山市
[資格] 二級建築士
[趣味] ・写真を撮ること(いつも一眼レフを車に積んでいます)新しいカメラが欲しい今日この頃です・・・。 
・家庭菜園(プランターでトマト、キャベツなど)
将来は大きな畑でいろんな野菜を育てるのが夢です。
・読書(図書館に二週間毎に通っています)
・スポーツ観戦(サッカー、バスケが特に好きです)

_DSC2298.jpg
[氏名] 石﨑 裕彬
[出身] 魚津市
[資格] 一級建築士・福祉住環境コーディネーター3級・ボイラー技士2級・危険物取扱者乙種
[趣味] バスケットボール・スノーボード


_DSC1905.jpg

[氏名] 安達 興一
[出身] 宮城県仙台市
[資格] 施工技術者3級・情報技術検定3級
[趣味] 映画鑑賞・スノーボード・バスケットボール

_DSC2416_20161114185935644.jpg
[氏名] 竹内 昭夫
[出身] 富山市
[資格] 二級建築士・宅地建物取引主任者・アドミニストレーター初級・公害防止管理者水質・福祉住環境コーディネーター3級・SE構法施工管理技士・CASBEE戸建評価員・下水道排水設備工事責任技術者・他多数
[趣味] スポーツ観戦・読書

_DSC2041.jpg

[氏名] 二塚 久子
[出身] 福井県越前市
[資格] 二級建築士
[趣味] 新店舗巡り(グルメ中心)・書道

_DSC1832.jpg

[氏名] 酒井 智香子
[出身] 富山市
[資格] インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター2級・カラーコーディネーター2級・商業施設士
只今二級建築士取得に向けて奮闘中です!
[趣味]・手芸・旅行・ピアノ


[氏名] 松下 あい
[出身] 愛知県
[資格] 二級建築士・宅地建物取引主任者・福祉住環境コーディネーター2級
[趣味] 読書、子供と探検すること

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク
RSSフィード
カウンター
POWERED BY
マグハウス 自然素材の注文住宅